小学校から始めるプログラミング学習!アーテックエジソンアカデミー・ロボットプログラミング教室



小学生のためのロボットプログラミング教室が今アツい!

1.アーテック・ロボットプログラミングの世界へようこそ

2020年に小学校でプログラミング教育が必須化!

皆さんは2020年に小学校でプログラミング教育が必須となる事はご存知でしょうか?プログラミング教育は2020年から日本全国の小学校で必修化されることが決まりました。最近ニュースでも話題となりますます社会的関心が高まっています。なぜこれまでプログラミング教育が学校の教育現場に導入されてこなかったのでしょうか。海外では当たり前のプログラミング教育ですが日本はまだ後進国と言えます。小学校でのプログラミング教育の必修化についてはまだ様々な意見が議論されています。小学生のこのような早い時期に果たしてプログラミング教育を導入することはどれだけの意味があることなのでしょうか?プログラミング教育を導入することはこれからの時代を生きる上で、子どもたちをどのように教育していくか、その具体的な方法やプログラミング教育を通してどのような人材に育ってほしいのかということについて多くの議論がなされています。実際プログラミング教育を教育課程に導入する場合、理科や算数の授業の中にどう盛り込むかということが検討されています。

現在、日本の教育は様々な議論のもとにコンピューターを使ったICT教育が積極的に導入されつつあります。一方の海外ではプログラミング教育はどのように実施されているのでしょうか。少し調べてみると日本のプログラミング教育がいかに後進国であるということかがよくわかりました。日本の小学校に当たる初等教育課程で実際にキッズプログラミングを導入している国はイギリスやハンガリー、ロシア、アメリカ、フランス、イタリアなどです。海外の大学ではコンピューターサイエンスという学科があるくらいで多くの国では情報教育やプログラミング教育をがすでに教育課程に導入されています。お隣の韓国では選択科目としてプログラミングの授業は導入されています。香港ではプログラミング授業は既に必修科目となっています。これらの事実を知ると日本は大変遅れていると言わざるを得ない状況にあります。

海外のプログラミング授業

AI搭載ロボット

海外のプログラミング授業

海外のプログラミング授業

2.ロボットプログラミングはなぜ注目されているのか?

初心者でもわかるロボットプログラミングとは? 理解するための鍵は「問題解決力と創造力」 にあった!

今、なぜこれほどまでに日本でプログラミングが注目されているのでしょうか?小学生がプログラミングを学ぶことのメリットはあるのでしょうか?疑問をもつ親御さんたちも多いのは事実です。既にプログラミング教育は、世界ではあたりまえのように導入されています。この世界的には当たり前となっているプログラミング教育ですが、日本でようやくプログラミング教育が注目されてきたわけは、日本の小学校に通う子供たちの教育背景がもととなっています。

近年、ゆとり教育の弊害により子どもたちの論理的思考力の低下が問題となりました。しかし、様々な答えのない問題に対して様々な角度から問題を解決するという能力、即ち「問題解決力」、そしてグローバル化において必須とされている「情報活用能力」が将来必要とされてきています。これらの能力は社会に出た時に非常に重要なのです。プログラミング教育には「想像力」や「積極性」または「空間認識力」あるいは数値的な感覚を身につける、即ち「能力開発」の意味あいも含まれています。今の時代、どのような職業に就こうともコンピューターのスキルは必須です。早い段階にコンピューターを使いながらプログラミング教育を学ぶことで子供たちがスムーズに社会に出た時、必要なスキルを活かすことができると言えます。コンピュータの最先端を言っている先進国では既にあたりまえとなっています。

小学生向けのロボットプログラミング講座が大流行!

最近では都心部を中心に小学生向けのロボットプログラミング講座が大流行です。ロボットプログラミング講座とは一体どういったものなのでしょうか。一言で言うと小学生に大人気のプログラミングとロボットの制作が同時に学べる教室です。なかでも親子で参加するワークショップなどの子供向けプログラミング教室、あるいはロボットプログラミング教室は常に予約が満杯で初心者の大人や子供たちに大人気となっています。なぜこれほどまでにロボットプログラミング教室に注目が集まっているのでしょうか? もちろん、子どもたちはプログラミングを学んだからといって、将来必ずプログラマーになるわけでありません。私たちの現代社会においてはありとあらゆるところにコンピューターは浸透しています。携帯電話、スマートフォン、家電製品、タブレットなどなど。コンピューターなしの生活では、私たちは便利に過ごすことができません。この便利な世の中においてコンピューターのプログラミングを学ぶということは、何も特別のことではなく、本を読んだり算数の勉強をしたり英語を学んだりするというのと同じように一般教養とすべきではないかという意見が世界中で言われています。

プログラミングを学ぶということは決して将来の職業のためではなく、それによって得られる効果のほうが大きいといえます。大事なのは好奇心です。子供の将来の可能性を広げてあげるという意味でプログラミングとロボット制作を通しての「モノづくり」を学ぶと言う教育は、日本でも広く受け入れられつつあります。またワークショップに参加する親御さんたちは会社で当たり前のようにコンピューターを使う環境にあるため、子供たちが将来仕事で困らないように積極的にプログラミング学ばせながら、同時に将来必要な「問題解決力」を養うことができたらといった考えももとになっているのだと思います。

ロボットを組み立てている様子
アーテックエジソンアカデミーロボット教室での様子(山形県米沢市のペガサスロボットプログラミング教室)

Youtubeより「誰でも楽しくロボット組み立てとプログラミングが学べる教室の紹介動画」

3.ロボットの組み立てとプログラミングを学ぶ

いま、一番気になるアーテック・ロボットプログラミング教室を完全チェック!

日本の教育は「ゆとり教育」の方をめざすのかあるいは「詰め込み教育」がやはり望ましいのかの議論が長い間続いていました。しかし近年世界的に見ても日本の学力低下が将来の日本を危うくするという懸念が生まれています。

最近発表された学習指導要領では、これまでの学力の要素を知識や技能と言ったものではなく思考力や判断力や表現力、創造力といった主体的に学習に取り組む態度という要素が盛り込まれるようになりました。つまり「学力=知識&技能」という考えの時代は終わりました。世界中でこれだけ多様化が進み、新しい職業が次々と生まれています。そのような環境下において子どもたちは様々な問題課題に対して立ち向かっていく必要性があります。すなわち答えのない問題について自ら答えを探し、正解を導き出す必要があるのです。

空間認知力を鍛えるにはプログラミング学習が最適!

これは単なる知識だけの勉強では到底なしえません。そのために必要な能力は物事を的確に判断し、これまでの知識から最善な解答を導き出し(即ち問題解決力 )、さらにそれをグローバル化のなかで人々を説得し伝えていく力が必要です。つまり「表現力」です。このようなバランスの良い教育が現代では求められています。まさに思考能力を向上させるために必要な力は「情報収集能力」であったり「空間認知力」なのです。これらが備わって初めて様々な問題を解決を導き出すことができます。特に空間認知力は多くの子供たちが苦手とする分野です。平面ではなく立体なものをイメージしそれをどのような形に再現していくか、これを空間認知力といいます。芸術分野やものづくり、あるいは医学部のように立体のイメージが必要とされる分野などでは必要不可欠な能力と言われます。子供の頃からこのような力を身につけていくことは将来とても役に立つと言えます。

今述べた子どもたちの将来に関係する要素を取り入れたものとして、全国で最も注目されているのは「ロボットプログラミング講座」です。先ほど述べた通り空間認知力を養うためには立体の物を自分でイメージしながら組み立てるという能力が求められています。そしてIT技術の普及によって様々な分野で必要とされるプログラミングを両方同時に学ぶことのできるのはまさに「ロボットプログラミング講座」以外にはありません。どちらか片方だけでは不十分なのです。ロボットプログラミング教室では子どもたちは自分でロボットの完成形をイメージしながらロボットを組み立てるという空間認知力の向上と、様々な論理的思考を養い物事の仕組みを理解するプログラミング教育の両方を兼ね備えた利息的なカリキュラムと言えます。最初は子どもたちは失敗の連続です。うまく動作しなかったり、プログラムにどこか1つのミスがあってもロボットは動きません。ロボットプログラミングはこれらの課題に積極的に取り組み自らが問題を解決しようとする「問題解決力 」を養うことが出来ます。そして物事に興味をもって創造力を養いながらどんどん積極的に自ら取り組む姿勢を養う教育は子供たちの未来をより明るいものとします。

 

子どもたちのプログラミングの様子
子どもたちがいきいきとプログラミングをしている様子(山形県米沢市のペガサスロボットプログラミング教室
小学生がロボット対決
アーテックの教材で制作したロボットで対戦している様子(山形県米沢市のペガサスロボットプログラミング教室)

 

4.ロボット制作 X プログラミング = 最強!

5分でわかるアーテック・ロボットプログラミング入門

アーテックエジソンアカデミー
アーテックエジソンアカデミーhttp://edisonacademy.artec-kk.co.jp/robot/

今、日本中で最も注目されているロボットプログラミング教室について紹介したいと思います。エジソンアカデミー・アーテックロボットプログラミング教室は、その規模は全国38都道府県で400教室です。アーテックの教室でロボットプログラミング講座が実施されています。プログラミング教室としては圧倒的な数を誇っています。アーテックは、小学校や中学校で理科の実験などで使われている学校教材のトップクラスの老舗のメーカーです。

アーテックは幼稚園・学校教育材料から文具・玩具・ギフトアイテムなど幅広いラインアップでアイテムを展開している学校教材のトップメーカー
アーテックは幼稚園・学校教育材料から文具・玩具・ギフトアイテムなど幅広いラインアップでアイテムを展開している学校教材のトップメーカー

長年の教育現場で培ったノウハウと最高の教材を導入したロボットプログラミング教室が今、全国で非常に増えています。プログラミング教育は2020年より小学校でも必修化されました。日本のみならずアジアあるいは世界的にも大変注目をされている教育カリキュラムです。アーテックエジソンアカデミーの特徴としてはロボット制作とプログラミングの両方が学べるところにあります。そして日本の小学校や中学校で導入されている実績から経験豊富なすばらしい教材メーカーであること、そして日本最大数の教室を持っているということが言えます。また中学校では既に導入実績があり年間で約1万人以上がアーテックの学習教材を使用しています。

世界中の全ての子供たちが使用する知育玩具「ArTecブロック」
世界中の全ての子供たちが使用する知育玩具「ArTecブロック」

ロボットを動かすプログラミング言語はアメリカMIT(マサチューセッツ工科大学)のメディアラボが開発したスクラッチ(scratch)をベースにしたものです。それをロボットプログラミング用に改良したものを使用します。スクラッチ言語は子供向けの教育用ソフトとして世界中で広く使われているものです。またプログラミングのカリキュラムは他では真似できないほどオリジナルティーにあふれています。またロボットの制作で使用するキットはアーテック独自のものでオリジナルティーにあふれた大変すばらしいものです。組み立てもブロックを差し込みながらどの方向にも自由にブロック同士を接続することができます。さらにロボットの制作に必要な各種センサー類やサーボモーターあるいはLEDなどのパーツはブロックと接続することができます。子どもたちはマニュアルを見ながら出来上がった形をイメージしながらどんどん制作していきます。

子供たちが非常に興味を持ち、楽しく学ぶことができるようにオリジナルティーにあふれたカリキュラムが作られています。カリキュラムは最初は簡単なものからスタートしますが徐々に多くのセンサーを組み合わせた複雑なロボットも制作していきます。簡単なプログラミングからステップアップでき、常に子供が飽きない工夫が施されています。もちろんパソコンに触れたことのない初心者でも大丈夫なカリキュラムとなっています。

動画(子どもたちが生き生きとロボットプログラミングを楽しんでいる様子)

スクラッチプログラミング
(写真)ロボットを動かすプログラムはスクラッチ言語がベースとなっている

MITのスクラッチ開発の元になった理念は子供たちのクリエイティブな考え方を育てるというものです。すでに世界中で多くの子供たちがスクラッチ(scratch)を作ったプログラミングを学んでいます。スクラッチ言語はいわゆるビジュアルプログラミングと呼ばれているものです。しかし決してゲームやおもちゃのようなものではなく、初心者でもとても高度で想像以上のクオリティを持つプログラムやアプリを開発することができます。スクラッチは画面に表示されたグラフィックをマウスで操りながらプログラミングを作成していきます。

プログラミングと言うと英語で文字が書いてあり非常に難しいという印象を受けますが、決してそうではありません。細かいルールを覚えなくても、視覚的に簡単にプログラムを組むことができるため子供たちはプログラミングの楽しさを味わうことができます。そして一つ一つのプログラミングの命令がロボットの動作に繋がっています。子供たちはパソコン上でプログラミングを作成し、実際にロボットを動かしながら、うまく動かない時はプログラミングを修正し自分のオリジナルのプログラムを完成させていきます。非常に簡単で分かりやすいのでパソコン操作が初めての初心者でもすぐに操作に慣れることが出来ます。スクラッチの大きな特徴はやはり視覚的にわかりやすいというものです。細かい命令を覚えなくても一つ一つのブロックに命令がインプットされているため、ブロックを積み重ねる間隔てプログラムを組むことができます。また命令の種類ごとに色分けもされているので視覚的に非常に分かりやすくなっています。実際小学2年生程度でも問題なく操作できます。完成したプログラムをUSBケーブルを通してロボットに転送するとその命令通りにロボットが動きます。このようにスクラッチは子供でも簡単にプログラミングにチャレンジでき、子供たちが興味を持ちながら、自分から積極的に取り込むという大きなメリットがあります。

 

5.アーテック・ロボットプログラミングのススメ

子どもに習わせたい習い事ランキング急上昇!!

世界中でこのように子どもたちのプログラミング教育が広まっているのか、日本でもプログラミングに関する習い事ランキングが急上昇しています。将来、社会に出て必ず必要だと思うという理由からプログラミングを子供に学ばせたいという親御さんが増えています。

写真引用:東洋経済オンライン

小学高学年を対象にした今後、子供に習わせたい習い事ランキングでは8位に入っているほどです。このように初心者向けの子供向けプログラミング講座やロボットプログラミング教室というのは、近年増加しており子供たちが手軽にこれらの習い事を習える時代になったと言えます。必ずしもお母さんたちは子供に将来プログラマーになってほしいという考えではなくプログラミングをすることで子供たちが生き生きと様々なものに興味や関心を持ち、思考力を養いクリエイティブな発想力、想像力を身につけることでできたら、将来役に立つかも、と考えているのが一番の理由のようです。

そんな中、元ライブドア社長の堀江貴文氏は日本のプログラマー不足問題を憂いでいます。そんな堀江貴文氏と小学生向けのプログラミング教室を手がけている社長の藤田晋氏の対談でIT界は人材不足だ、日本はプログラミングを義務教育化すべしと語っています。プログラミングに興味を持った子どもたちが将来活躍し、日本の将来をより良くしてくれる、そんな夢も広がりますね。

プログラマー不足が深刻化している。特にシリコンバレーでは、優秀なプログラマーは引く手あまたとなっている。今後はあらゆる産業がネットにつながるIoT(インターネット・オブ・シングス)化への流れもあり、ますます需要が増えることは間違いない。

堀江:子どもの頃から英語をしゃべっているとうまくなるのと一緒です。今、僕も小学生だったら、たぶんやっていると思う。水泳やスノーボードの選手の中には、中学生で世界大会で優勝する子もいる。別にプログラミングでもおかしくないでしょう。早くやっているほど、色々なチャンスがある。小学生でもアプリをどんどん作っちゃえばいい。

藤田:学校の勉強を一生懸命やるより、実学という意味では、プログラミングをやっていた方がいいと思う。学校の勉強が役に立っているのって、情報工学部とかの学部の子だけですよね。

引用:http://toyokeizai.net/articles/-/82666

 

6.子どもたちはみんな大好き!ロボットプログラミング

アーテック・ロボットプログラミング教室の月謝やキット代はどのくらいかかるの?

ロボットプログラミングのカリキュラム
カリキュラム(3年目のエクスパート編も導入された)

ロボットプログラミング講座の大切さは理解できたけど、実際子供を習い事に行かせるとどれくらい費用がかかるのか、とても不安な親御さんは多いかと思います。しかしまったく心配はいりません。プログラミングはもう特別な習い事ではありません。近年どんどん子供向け、初心者向けのロボットプログラミング教室が普及しているため、もはや特別な習い事ではなくなっています。

子供たちをピアノや会話教室に行かせるのと同じ価格でロボットプログラミングを始めることができます。アーテックのロボットプログラミング教室では長年にわたり学校教材メーカーとして理科の教材や知育玩具用の学習教材を開発してきました。これらのノウハウがもとになりロボットプログラミング教室で使用する教材も通常のの約半額の値段で購入できます。また月々の授業料も1万円程度です。ピアノや英会話とほとんど変わりません。むしろ、ピアノや英会話教室よりも子供たちはロボットプログラミングが大好きです。子どもたちは幼少期にレゴやレゴブロックを組み立てた経験からブロックを組み合わせてロボットを制作することにとても興味を示します。ロボットプログラミングで使用するキットはもちろん家に持ち帰ることができるので自宅の自分のパソコンに無料のツールをインストールすれば、自宅でもすぐにプログラミングを楽しむこともできます。教室ではテキストに沿ってロボットを制作しプログラミングを行います。うまく動けば次は応用編で少し難しいミッションにも挑戦します。うまく動いたとき子どもたちは嬉しくて思わず飛び上がってしまうほどです。実際に体験授業に参加した親御さんの喜びの声を紹介したいと思います。

子供が本当にワクワクしているとても興味を持っていたのが印象的

ロボットが思い通りに動かす何度も諦めず挑戦している姿を初めて見ました。

子供がこんなに真剣な表情で頑張っている姿はとても感動しました。

子供がロボット制作やプログラミングに興味があるというので参加しましたが思った以上に楽しんでる姿を見て習わせたいなと思いました。

教材が素晴らしいですね。自分が子どものとき、ロボットプログラミング教室があったらよかったのに!

このように実際に体験された子どもたちの保護者から数多くの喜びの声や、驚きの声が報告されています。

ペガサス学習塾米沢教室

ペガサス学習塾米沢教室

ペガサス学習塾米沢教室

ペガサス学習塾米沢教室

 

 

7.今ほどロボットプログラミングが必要とされている時代はない

日本のロボット技術は世界的にも飛び抜けて優秀!

ペガサス学習塾米沢教室
子どもたちはロボットを見ると輝きだす(ペガサスロボットプログラミング教室)

今、世界的にもAIやロボット産業の成長が大変著しいです。将来ロボットに約50%の人が仕事を奪われるとそんな驚きのことさえも言われているほどです。毎年行われている国際ロボット展では過去最大規模のメーカーが積極的に出店し工業用ロボットや福祉ロボットあるいは農業ロボットなど幅広い分野のロボットが展示されています。また最近では介護をサポートしたり原子力発電所などで人間がが立ち入ることが出来ない場所などにも入り込んで活躍するロボットが世界的にも大変注目されています。

皆さんはテレビなどで人工知能を搭載した人型ロボット「ペッパー」を見たことはあるでしょうか?このようなロボットが日常生活に入り込んで行くのが当たり前の時代となりました。日本のロボット市場は9000億円とまで言われていますが、今後20年の間にはさらに3兆円規模、また2035年には何と10兆円規模まで達すると言われています。これからはロボットの時代になります。ロボットの開発はどんどん重要視されていきます。そして日本だけではなく世界中でロボット開発が行われていきます。

最近では世界中の自動車メーカーが自動運転の技術を搭載した車の開発に力を入れています。日本では介護や医療災害現場で使用されるロボットの開発や先ほどのソフトバンクのペッパーというAIの技術を取り入れたロボット研究が進められています。まさにこれからの時代はロボットの時代と言っても過言ではありません。そしてロボットを動かすプログラムの開発にも非常に優秀な人材が求められています。今ほどロボット技術とそれを動かすためのプログラミング技術が必要とされる時代はないのです。

 

 

8.将来役立つかもしれないロボットプログラミングについての知識

ロボット産業とプログラミング技術が世界を救う!

災害救助ロボット
福島第一原子力発電所では、事故の安定化および廃炉の推進のために、遠隔技術(ロボット)が活用されている。【東京電力のホームページより引用】

今、社会的にもロボット産業の動向がますます注目されています。これは世界の人口増加と日本の高齢化社会の基本的概念に基づいています。すなわち高齢化社会においてはますます作業の自動化や省力化のニーズが高まっているためです。これは日本だけではなく海外の先進国や発展途上国でも同じことが言えます。今後ますますロボットを使った自動化のニーズは高まっていくものと考えられています。

現在ロボットは主に工場などで使われるものばかりですが今後はますます医療分野や介護分野など私たちの暮らしに身近なところでロボットが使われていくことでしょう。マイクロソフトのビルゲイツもコンピューター産業と同様に今後はロボット産業も発展していくだろうと指摘しています。身近にロボットが普及すれば多くの子どもたちがロボットに興味をもって、ロボットのことを学びたいという子どもたちが増えていくでしょう。

このような背景や子供たちの教育現場での学習指導の見直しによって想像力を養う教育、やる気を引き出して子どもたちが自ら能動的に学ぶ姿勢、論理的思考力を養い、様々な問題を解決していく能力という点でもロボットプログラミング教育はますます注目されていくと思います。ロボットプログラミング教育は子供たちが将来を生き抜くために是非とも身につけておきたい要素の一つといえます。

 

 

 

9.我々は「ロボットプログラミング教室」に何を求めているのか

子どもたちの無限の可能性が世界を切り開く!

私たちは子供たちの日々の生活を目の当たりにし、さまざまのことを考えます。勉強のことだけではなく子供たちの将来を考えた時に私たちは子供たちに何を求めるのでしょうか?私たちが子供たちに身につけてほしい力は様々です。どんな困難にも立ち向かう勇気。答えがわからない問題でも多くの人と協力し問題解決に導く能力。あるいはグローバルの時代において、世の中や我々の生活をより豊かにするために世界中の人と意見を出し合いより理想な社会を追い求めていく。そのようなことが私たちの大人の希望ではないでしょうか。

こういった時代背景をもとに教育を通して子供たちは様々な問題に立ち向かう勇気、そして嫌なことでも積極的に取り組む姿勢、自分の興味のあることにはとことん挑戦してみる。このような時代になれば、子供たちの将来は明るいです。人に言われないと行動しない、あるいは文章もちゃんと読まず適当に答えを当てはめるだけ、宿題ややるべきことをやらず、遊んでばかりいる。このようなことでは、子供たちの将来が心配です。親たちの願いはどんな時でも自分の自分で考えて行動する力。つまり自立です。人に頼らず自分で問題を解決する能力、何事も決して諦めない忍耐力。必死に問題の原因を探し当て自分で正解を導き出す力。これからは想像力の時代です。人のまねごとではなく、オリジナルティーに溢れ、想像豊かなクリエイティブな仕事が求められています。AI人工知能により単純作業はロボットにまかせる時代です。人間はもっと想像力を使い新しい価値を生み出す仕事につくようになります。すなわちゼロから考える力を養う。子供たちは無限の想像力を持っています。私たちが子供たちに身につけてほしいのはこのような能力ではないでしょうか。

ロボットプログラミング

ロボットプログラミング

AIロボットプログラミング

 

10.もうロボットプログラミングのことしか考えられない

アーテック・ロボットプログラミング教室に通う子供たちの姿はとても生き生きとしています。

ソフトバンクのロボットPepper
ソフトバンクのロボットPepper

とにかく面白いから、好きだから、夢中になってやっている。子供たちはとても自然体です。自分たちのオリジナルの作品を作り、自分のアイデアを生かしロボット制作とプログラミングを楽しんでいます。うまく動かないのは当たり前です。分からないときは友達同士で教えあいます。学校の勉強と違って、つまらなそうにしている人は誰一人としていません。みんな子供たちは生き生きとしています。目が輝いています。そんな子どもたちをみると私たち大人も嬉しくなります。ロボットを製作している途中で、また新しいアイデアが生まれロボットを改造していきます。

まさに、これこそが本当の教育なのです。人に教えられるのではなく自らが勉強し学んでいく。アクティブラーニングという姿勢です。このような姿は普段なかなか見ることができません。完成したロボットはみんなで見せ合い、特にはロボット同士で対戦します。完成したロボットをお互い発表しながらプレゼンテーション能力も身につけることができます。うまくいかないときは互いに教えあい問題を解決していきます。まさにこのような能力が学校の教育現場でも求められているのではないでしょうか。一方向で教えられている授業では子供たちはつまらなく感じてしまいます。単なる暗記、詰め込み教育の時代ではありません。知識のインプットだけではなく自分の考えや意見を出してアウトプットの作業を行う。こういった教育がこれからは重要なのです。ロボットプログラミングはそのような意味で大きな可能性を持っています。

ロボットプログラミングで新しい世界を発見しよう!

ロボットプログラミングを学ぶことで子供たちはまた新しい世界を知ることができます。これまでの既成概念にとらわれることなく新しい発見をすることでしょう。我々大人があれこれ指図することはありませんし、心配もいりません。子供たちは大人が考えるよりも単純でどんどん新しい可能性を発見してくれます。まさにロボットプログラミングは子供たちの将来の可能性を広げられる教育と言えます。

ロボットプログラミング教室がどのようなものなのか、自分の子どもでも本当にできるのか不安に思っている方も多数いらっしゃいます。しかし、エジソンアカデミー・アーテックロボットプログラミングの体験教室に参加すればその心配はまったく不要だったということに気づきます。アーテックロボットプログラミングの加盟教室数は国内No.1で全国38都道府県約400教室があります。プログラミング教室としては全国で圧倒的な数を誇ります。全国のパソコン教室や学習塾で学ぶことできます。どんなお子さんでも楽しく学べること間違いなしです。男の子だけではなく女の子にも人気です。まずはお子さんと一緒にお近くの体験教室へ参加されてみてはいかがでしょうか?

小学校から始めるプログラミング学習!アーテックエジソンアカデミー・ロボットプログラミング教室